私は今、恋人を夢中にしている

ロゼの季節は私たちにあります。それは太陽の下での楽しい時間とピンクジュースのボトルのボトルです。私は無償の日帰り飲みや夏の羽ばたきのためのもので、淡い色のローゼズは一日中遊ぶための素晴らしいワインです。しかし、時にはバーベキューでおいしいチャグ以上のものが必要な場合もあります。時々、あなたはもう少し深いものと質の高い時間を過ごしたいと思っています。それで私はあなたをロザートに紹介したかったのです.

ロザートはイタリア人がロゼと呼ぶものです。それは他のローズと同じ方法で作られていますが、他のローズとは異なります。 イタリア外ではめったに見られない固有のブドウ. 一方、シラーやグルナッシュで作られたローズは、フランスの南部の海岸からカリフォルニア北部の海岸まで辿っています。 Montepulciano、Sangiovese、Barbera、Nerello Mascalese、Canaioloのような品種は、風味がいっそうフルーティで風味豊かなロサチオを作りますが、飲みやすい.

私はあなたが浅い人や何かではないことを知っているので、これを言っても大嫌いです。 彼らの外見に基づいてrosatosを判断しないでください. ロザートは愛らしいかすかなイチゴのクリーム色をはじめ、すべての色が入っていますが、多くはラズベリー、ザクロ、そしてルビーの色合いが豊富です。しばしば、暗いローズは「甘い」と「安い」と言われますが、70年代に住んでいないか、または$ 4のボトルに溶かしたマゼンタのクレヨンの色を買っていない限り、そうではありません。ワインの色は、どれくらいの期間、そのスキンで発酵されているかに基づいており、ワイン中の砂糖の量には関係ありません。猫を持つ一人の人間が情緒的に利用できないと仮定して.

私は外見が一部を演じていないと言ったら、私は嘘をついています。私たちは人間だけです! Rosatosは華やかで、その鮮やかな色が香りのプロファイルを表しています. ワインが濃いほど、ワインにはより多くの体と強烈なフルーツノートがあります. おいしい、暖​​かいながらも、鮮やかでチェリーとクランベリーのジューシーで風味豊かな味があり、メロンとジャスミンの塩辛い風が強く、喉の渇きを和らげるのに十分なタンニンがあります。パーティーに最適な紙の薄い不透明なロゼの桃のボトルとは異なり、ロサトスは午後には十分に冷たく、夕食には十分に複雑です.

そして突然、人々は一年を通してロゼを飲む方法を理解しています。その明るい酸味、タルトレッドフルーツとソフトなタンニン構造, ロザートはグリルから何でも簡単にペアになります, サラダ、ローストチキン、ポークチョップ、ピザ、ビンディング ツイン・ピークス ソファーの上で、ベッドで読む。 rosatoはブランチやプールサイドだけではないからです。ロサトは人生のためです.

これらを試してください:
Conestabile della Staffa Rosato、$ 27
ビニー・ラバスコ・キャンセリ・ロサート、29ドル
Tauma Vino Rosato、$ 38

ロザートとグリルピザ、バーベキュー天国で行われた試合:

ピザを焼く方法