「オレンジ」の語源

生産のこの死んでシーズン中の最も明るいスポットの一つは、その変態トートロジー、オレンジです。それは、英語では、自分自身を描写する唯一の本当に食べられるものです(汁を食べることはできますが、酒の中に根を浸さない限り、味わい深くありません)。適切な名詞を受け入れます。ウェールズのある丘は「The Blorenge」と呼ばれています。

しかし、あなたが地球圏を越えて見えると、「オレンジ」と実際には韻を踏んではいないかもしれないが、その東南アジアの起源に至る果物の道をたどった後、ちょっと聞こえるかもしれない長い言葉が現れる。樹木の本土はインド北東部と中国南部の間のどこかにあります。そこではサンスクリット語の話者(サンスクリット語の作家は言語が教会のラテン語のインド版のようなものなので) ナランガ. インド洋を流れるアラブのトレーダーたちは、中世のある時期に果物と共に言葉を拾い集め ナランジュ. そして、約1100人のアラブ人は、北アフリカからシチリアまでそれを持ち帰りました。そこでは地元の人々がそれを呼び始めました アングリア.

その言葉は、ブーツの上、アルプスの上、そして14世紀のフランコ・ブリッツが果物を扱いにくい Pomme d’Orenge. その暗い日には、木の上で成長したものを「リンゴのもの」と呼ぶのはすばらしいことでした。しかし、甘いオレンジが1500年代にヨーロッパを襲った頃(アラブ人が持ってきた元々のオレンジはミモザよりも苦い、医学的に人気がありました)、英語はアップルの問題を解決し、果物をもっとシンプルに “オレンジ”

それは物語っていると思うかもしれませんが、賢明な読者は何か気になるかもしれない気がします。私たちは完全にN!を失ってしまいました。目を打つことなく、シチリア人は、彼らが継承したアラビア語の最初の子音を取り除きました。ほとんどの状況では、それはかなり混乱するかもしれません。しかし、英語、フランス語、シチリアの記事(例: “a”、 “an” 国連, une)作品は、最初のNsは、アルファベットの赤いシャツ、死にかけて、元気なエピソードの過程で穏やかに再現されています。 “A norange”と “orange”、または ナランジアン そして アングラナ, ほとんど同じように聞こえるので、スピーカーはどこで線を引くかをランダムに選ぶことができます。このようなN-muddlingは、痛みの喪失とも呼ばれ、「エプロン」(元々ナプキンのような大きなナプキン)、「ニックネーム」(元々「eke-name」)、「newt」(もともとは「ewt “)。スペイン語は、その一方で、 ナランジャ 全部、Aの ナナンジャ 言語的なDMZのように機能し、Nsとの戦いを維持する.

「オレンジ」の場合、フランスにオレンジと呼ばれる街があったという事実は、オーラシオと呼ばれる古いケルトの町にちなんで命名されたことでしょう。どのくらいの古代(そして先史時代)の芸術が主にオレンジ色であるかを考えると、ヨーロッパ人は、アラブ人が借りたサンスクリットでシチリアを襲う前に、色の言葉を持っていませんでした。誰もが、彼らが話していたどのような言葉でそれを “黄色 – 赤”と呼びました。それはちょっと長く、おそらくそれほど正確ではありませんが、 “黄赤”は “オレンジ”よりも明確な利点があります。遠いウェールズの丘.